鬼滅の刃|最新204話で炭治郎が左手を使っている理由は?治った?

こんにちは!

チャンママです!

鬼滅の刃が最終回に向かっているのか、それとも続編が始まるのか?

という感じですが、

最新話(204話)の最後、

炭治郎の使えなくなったはずの左手が動いている!?

その理由を調べてみました!

鬼滅の刃|使えなくなった炭治郎の左手が動いている!?その理由は?

 

左手が死んで、使えなくなってしまった炭治郎。

ところが…

最終ページで左手をがっつり使っています。

これに動揺する読者多数。

 

これは何かの伏線ではないか?と勘繰る方も…。

意外な理由が判明!

実は…

この、「炭治郎の左手が動いている!使えている!」という事態は、

作者のミスであることが判明!

ジャンプの巻末ページの作者コメントにて、

作画ミスであると認めていらっしゃいました!

この告白に、読者は

にやっとした、ほんわかしたなどと

好意的な反応が多かったです!

 

まとめ

炭治郎の左手が動いている…というのは、作者のワニ先生の渾身のミス

であることがわかりました!

このミスにほっこりしたという読者も多数。

コミックスではこのミスは修正されるのでしょうか?

次週どのように話が展開していくのかも楽しみですね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です